ACCORDIA GOLF L-Style ピンクリボン活動

ACCORDIA GOLF × PINK RIBBON

アコーディア・ゴルフでは、乳がんの早期発見、検診、治療の大切さを啓発する
「ピンクリボン活動」を2010年5月より応援しています。

アコーディア・ゴルフは、「女性にやさしい企業」を目指し、女性が気軽に楽しくゴルフをプレーしていただける環境づくりを推進しています。
女性に対する取り組みをさらに発展させ、より女性が健康に、いきいきとゴルフを楽しめる環境づくりを進めるべく、ピンクリボン活動を応援しています。
近年確実に増加している女性ゴルファーのために、引き続き「女性にやさしいゴルフ場づくり」を推進するとともに、毎年秋に開催されるチャリティーイベントなど、さまざまな取り組みを通してピンクリボン活動を応援していきます。

ピンクリボン活動とは

ピンクリボン活動とは乳がんの「早期発見・早期診断・早期治療」の大切さを世界の女性たちに伝える活動です。
胸元にピンク色のリボンをつけることでセルフチェックや定期検診をうながし、乳がんに対する意識を高めるのが目的です。

ピンクリボン活動の歴史

ピンクリボン活動は1980年代にアメリカで始まりました。乳がんで若くして亡くなった女性の母親が、残された家族と一緒にピンクリボンを作ったのが最初と言われています。

「乳がんで命を落とさないように」という女性たちへのメッセージと「同じ悲劇を繰り返したくない」という母の思いが込められています。当時のアメリカでは乳がんにかかる女性は8人に1人と多く、死亡率も高かったそうです。

一方、日本でピンクリボン運動が広まったのは2000年代に入ってからのこと。街を歩いて乳がんを啓発するウォーキングや、ピンク色にライトアップされた東京タワーやレインボーブリッジなどが人々の注目を集めました。

アコーディア・ゴルフのピンクリボン活動に対する取り組み

全国のゴルフ場と練習場に募金箱を設置
従業員全員がオリジナルピンクリボンピンバッジを着用

当社が運営するすべてのゴルフ場と練習場に募金箱を設置。また、従業員全員がオリジナルのピンクリボンピンバッジを着用し、活動の啓発に努めていきます。
これによって、女性の皆さまに当社の姿勢を理解していただけるだけでなく、ゴルフ場の来場者の多数を占める男性にも、ピンクリボン活動についての認知と理解を深めていただけると考えています。

ピンクリボンガールズゴルフ

2016年イベントレポート

2016年イベントレポート

女性限定2016年8月21日(日) おおむらさきゴルフ倶楽部(埼玉県)

今回は埼玉県のおおむらさきゴルフ倶楽部での開催となりました。
総勢136名の参加者が集合!

2016年イベントレポート画像
2016年のイベントレポート詳細

ゴルフ界のピンクリボンにまつわる話

米ジョージア州オーガスタのオーガスタ・ナショナルGCで行われた”ゴルフの祭典”マスターズ・トーナメント2010で4年ぶりの優勝を決めたフィル・ミケルソン選手(39)=米国=の帽子には、乳がん撲滅のため、早期検診を訴える運動のシンボル「ピンクリボン」の刺しゅうがあしらわれていました。

昨年5月にエーミー夫人の乳がんが分かり、それ以後は競技よりも闘病する妻に付き添うことを優先。

妻が手術を受け、母にも乳がんが見つかった直後の昨年7月には、全英オープン選手権の出場を取りやめ、メジャー61大会連続出場の大記録が途絶えましたが「わたしには家族が最優先」と迷いはなかったようです。

快方に向かっている夫人にとって手術後、初めての観戦となったマスターズで、ミケルソン選手は「この1年はきつかったが、困難と闘う妻を誇りに思う」と話しました。優勝を決めた直後のグリーン脇で、熱く抱擁する夫婦の姿に、大観衆が総立ちで祝福を送りました。